ブラジル人と日本人の相性

ブラジル人は自分の意思や気持ちを常にはっきりと表現する。
好きなら好きと言い、嫌いなら、誤解を招くような曖昧な態度は
とらない。このようなブラジル人と控えめ(曖昧)な日本人の相性
はどうであろうか?

単なる知人ということであれば、そうは問題にならないだろうが、

では結婚相手として見た場合はどうであろうか?

ブラジル人男性と日本人女性の組み合わせは、意外とうまくいく

のではないだろうか。ブラジル人男性は、自分の恋人や奥さんに
対して人前で手をつないで歩いたり、キスをしたり、”愛している”
なんてことを平気で言える。

日本人女性は男性からのこのようなアプローチに慣れてはいない

が、内心ではうれしく思うのではなかろうか。少なくとも悪い気はしな
いはずである。

一方、その逆は駄目である。日本人男性は自分の奥さんに対して、

ブラジル人のようには振る舞えない。ブラジル人女性がこのような日
本人男性に我慢できるとは思えない。
事実、私の知っているブラジル在住日系男性の奥さんは日系人で、
また日系女性とブラジル人男性の夫婦もいるが、その逆は知らない。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、
ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes