ブラジル人男性はよく働く

ブラジル人男性は会社ではともかく、家庭では実によく働く。
会社では残業がなくきちんとした時間に帰れるからかもしれないが、
中には奥さんより早く帰ってきて男性が夕食を作る場合も結構ある。

家に招待されたときなどに観察していると、完全に男性の方がホスト役である。

ドアのベルを鳴らすと出迎えにくるのはまず男性である。

客を部屋に通し、こまめに飲み物を勧めたり、料理を運んだりと実に甲斐甲斐しくよく働く。

また、ブラジル人は肉が大好きで、家庭でもよく焼肉パーティーを行う。

このときも決まって肉を焼くのは男の仕事である。

私の働いていた会社にもブラジルからの出張者がよく研修に来たが、

研修中、彼らがこまめに会社に業務報告をしているとはとても思えなかったが、

だが、留守にしている家族、奥さんには、毎日義務ででもあるかのように電話をしていたようである。

また、彼らの財布の中には、必ず家族の写真が入っている。

ブラジル人的には、心の中で家族のことを思っているだけでは駄目で、

実際に態度で示すことが重要なのである。
日本人も見習うべきかもしれない。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著

【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・
ポルトガル語学習や、ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイド
などを務める。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes