ブラジル人はパーティー好き

ブラジルに仕事で何度か出張するうちに、友人の家に招待されることがよくあった。
招かれて行ってみると、友人の家族以外に、見知らぬ人たち(既婚者は夫婦で)が来ている場合も多い。

もちろん、友人ということでその場で紹介される。一緒に食事をする人が多いほど話題も増えて楽しめるということと、

日本の友人を紹介したいという理由のようである。

このようにして、パーティー(FESTA)が始まる。

パーティーではシュハスコという焼肉(CHURRASCO)が最もポピュラーで、ブラジル人は家の庭に焼肉用の炉とキッチン、

それに屋根付きで大勢が一緒に楽しめる大テーブル(MESA GRANDE)を備えているのが普通である。

会社でも歓迎会ということで夕食会に誘われることがある。そのお返しに、こちらがホストとしてレストランでの食事に招待する。

このとき、会社の仲間だけの宴会はあまり喜ばれない。

夫人同伴でもよいと言えば、喜んで一緒に参加してもらえる。

ただし大勢のパーティーの席では、男は男同士、女は女同士で集まっておしゃべりを楽しむことが多い。

このほうが、話題が合い、楽しめるようである。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、
ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes