盛大な誕生パーティー

ブラジルの家庭では、子どもの誕生日(ANIVERSARIO)を盛大に祝う。
特に15歳になったときは日本での成人式に該当し、大人の仲間入り(DEBUTANTE)ということで、
家族だけでなく、両親・兄弟一家・その他の親戚、それに親しい友人までもが集まっての大パーティーとなる。
また会社でも、仲間から誕生日を祝ってもらおうと本人がケーキを持っていき、皆さんにふるまうところもある。
こんな習慣を知らない私、出向先の長が私の誕生日を調べて、こっそり大きなケーキを準備してくれていたことがあった。
しかも、それを私に悟らせまいと、打ち合わせがしたいので彼の部屋に来てほしいと呼ばれた。
そして彼の部屋で雑談をしているうちに、他のメンバーが会場を準備してくれていたようである。
しばらくすると部屋を移ろうと言われ、移ってみると、既に大勢の仲間が集まっていて、
盛大な誕生パーティー(FESTA DE ANIVERSARIO)となった。
自分が主役となって、こんなに大勢の人から祝福されたのは、結婚式以来初めてのことだった。
感激もひとしおである。ブラジル人が行う、相手に喜んでもらうための演出の仕方については、学ぶところが多いと感じた。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

ブラジル人と日本人の相性

ブラジル人は自分の意思や気持ちを常にはっきりと表現する。
好きなら好きと言い、嫌いなら、誤解を招くような曖昧な態度は
とらない。このようなブラジル人と控えめ(曖昧)な日本人の相性
はどうであろうか?

単なる知人ということであれば、そうは問題にならないだろうが、

では結婚相手として見た場合はどうであろうか?

ブラジル人男性と日本人女性の組み合わせは、意外とうまくいく

のではないだろうか。ブラジル人男性は、自分の恋人や奥さんに
対して人前で手をつないで歩いたり、キスをしたり、”愛している”
なんてことを平気で言える。

日本人女性は男性からのこのようなアプローチに慣れてはいない

が、内心ではうれしく思うのではなかろうか。少なくとも悪い気はしな
いはずである。

一方、その逆は駄目である。日本人男性は自分の奥さんに対して、

ブラジル人のようには振る舞えない。ブラジル人女性がこのような日
本人男性に我慢できるとは思えない。
事実、私の知っているブラジル在住日系男性の奥さんは日系人で、
また日系女性とブラジル人男性の夫婦もいるが、その逆は知らない。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、
ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

ブラジル人男性はよく働く

ブラジル人男性は会社ではともかく、家庭では実によく働く。
会社では残業がなくきちんとした時間に帰れるからかもしれないが、
中には奥さんより早く帰ってきて男性が夕食を作る場合も結構ある。

家に招待されたときなどに観察していると、完全に男性の方がホスト役である。

ドアのベルを鳴らすと出迎えにくるのはまず男性である。

客を部屋に通し、こまめに飲み物を勧めたり、料理を運んだりと実に甲斐甲斐しくよく働く。

また、ブラジル人は肉が大好きで、家庭でもよく焼肉パーティーを行う。

このときも決まって肉を焼くのは男の仕事である。

私の働いていた会社にもブラジルからの出張者がよく研修に来たが、

研修中、彼らがこまめに会社に業務報告をしているとはとても思えなかったが、

だが、留守にしている家族、奥さんには、毎日義務ででもあるかのように電話をしていたようである。

また、彼らの財布の中には、必ず家族の写真が入っている。

ブラジル人的には、心の中で家族のことを思っているだけでは駄目で、

実際に態度で示すことが重要なのである。
日本人も見習うべきかもしれない。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著

【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・
ポルトガル語学習や、ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイド
などを務める。

財布の紐を握るのは?

我々団塊世代以前の既婚日本人男性は、仕事でたまったストレスを発散するため、給料やボーナスでお金が入ると、あまり後先のことを考えず使ってしまう人が多かったように思う。

一方、奥さんは家に居て、夫が汗水たらして稼いだお金を無駄に使わないよう管理(節約)した。これは結婚するとき、一般的に男性のほうが女性より年上で、かつ女性のほうが長生きであることから、女性のしたたかな計算が働いてのこともあったかも

しれない。

だが最近の日本では、男女ともに結婚年齢が高くなり、共働き夫婦が当たり前になってきた。街で見かけるどの女性も綺麗に化粧をして着飾り、高級ブランド品を身につけており、様相は変わってきてしまった。

一方、ブラジル人は1年間稼いだお金をカーニバルで使い果たしてしまうとよく言われる。

また、女性にお金を渡すと、すぐに無くなってしまうとも言われる。確かにパーティーなどで見かける女性たちが身に着けているものは、豪華できらびやかである。

日常でも、ショッピングモールにはアクセサリーや衣類の店が多く、女性であふれている。

このような女性たちに財布を握られると、その結末は明らかであろう。
日本人は将来の不安にそなえ貯金をするが、今までに何度も大きな貨幣価値の変動を経験してきたブラジル人は、先のことより現在をいかに楽しむかを大切にするのであろう。
いくらお金を貯金していても、死んでしまっては元も子もないわけで、どちらかを選択するかは本人次第であるが、やり直しがきかないので、大きな賭けである。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVAOBRASILアミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。
新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、
ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

ブラジル人はパーティー好き

ブラジルに仕事で何度か出張するうちに、友人の家に招待されることがよくあった。
招かれて行ってみると、友人の家族以外に、見知らぬ人たち(既婚者は夫婦で)が来ている場合も多い。

もちろん、友人ということでその場で紹介される。一緒に食事をする人が多いほど話題も増えて楽しめるということと、

日本の友人を紹介したいという理由のようである。

このようにして、パーティー(FESTA)が始まる。

パーティーではシュハスコという焼肉(CHURRASCO)が最もポピュラーで、ブラジル人は家の庭に焼肉用の炉とキッチン、

それに屋根付きで大勢が一緒に楽しめる大テーブル(MESA GRANDE)を備えているのが普通である。

会社でも歓迎会ということで夕食会に誘われることがある。そのお返しに、こちらがホストとしてレストランでの食事に招待する。

このとき、会社の仲間だけの宴会はあまり喜ばれない。

夫人同伴でもよいと言えば、喜んで一緒に参加してもらえる。

ただし大勢のパーティーの席では、男は男同士、女は女同士で集まっておしゃべりを楽しむことが多い。

このほうが、話題が合い、楽しめるようである。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、
ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

挨拶は抱擁とキス

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

まずは新しい年に相応しい?こんなお話をご紹介

『挨拶は抱擁とキス』

外国人と顔を合わせたときの挨拶(CUMPRIMENTAR)は、握手が一般的である。

このときにこやかに相手の目を見つつ、しっかりと相手の手を握りしめる。

そして決して一緒に頭をさげないというのが、世界共通の握手の方法だと教わった。

ブラジル人の男性同士の場合、親しい間柄になると背中や肩を軽く叩きながら抱き合って、再び会えたことを喜び合う。

また同世代の仲間同士だと、互いの手のひら同士をパンと合わせ、続いて閉じてグーの形で軽く押し合い、最後にそれぞれ親指を立てる。

ブラジル人の男女、あるいは女性同士の場合、初対面のときは握手が多いが、知り合い同士だと抱き合って頬っぺたにキスをするのが圧倒的に多い。

キスといっても直接唇同士を合わせるのではなく、頬と頬を軽く触れ合い、唇で”チュッ”という音をたてる程度である。

これを右と左の頬に1回ずつするのが一般的である。

挨拶でキスをする習慣のない私のような日本人男性は、ブラジルに仕事で行き、会社の女性と会ったときや友人宅を訪ねたときに、奥さんやお嬢さんから先に抱きつかれてキスをされると戸惑ってしまう。

どうも日本人は素直でないのか、喜びの表現が下手なようである。

株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。

新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。
渡航した国は約30か国に及ぶ。
特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。
2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、ボランティア活動に忙しい毎日を送る。
君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

チリに行ってきました②

ちょっと間が空いてしまいましたが「チリに行ってきました」の続きです。

前回の最後に出したクイズ、皆さん、わかりましたか?

あれ、リャマの肉なんです。

そもそもリャマとは荷物の運搬や毛をとったりとアンデス地方で愛されるラクダ科の家畜ですが、肉を食べる習慣はあまりないそうです。

お味の方はと申しますと、あっさりしながら適度な脂があり塩だけの味付けでかなり旨かったです。

前置きが長くなりましたが、今回はチリ側のパタゴニアのご紹介をしたいと思います。

チリ・パタゴニアの玄関口はプエルトナタレス、人口は2万人にも満たない小さな町ですがハイシーズンともなれば、チリ内外から多くの観光客がこの町を訪れパタゴニアへの拠点とします。

まだ朝日もあがらないうちにホテルを出発、チリ・パタゴニアで最も有名なパイネ国立公園へはオフロード車で約120km北へ走ります。
よく整備されたアスファルトをドライブしているうちに東の空から美しい朝日が昇り始めました

途中、牧羊犬によって統率された羊たちとの遭遇では一行の歓声があがるが、グループの中では必ず一人(頭)はいる気ままな羊に歓声は爆笑に変わった

熟練のガイドさんの眼力の賜物かもしれない。長い道のりでパタゴニア地方固有の動物たちを幾度も見ることができた

【ニャンドウ】

【グァナコ】

パイネ国立公園を象徴する3本の岩峰トーレスデルパイネ(TORRES DEL PAINE)は見る角度によって様々な顔を見せてくれるが自分のお気に入りはこの角度

ノルデンショール湖からペオヘ湖へと流れ落ちるサルトグランデ(SALTO GRANDE)は水量はそれほどでもないが、とても幻想的な滝

今回はプエルトナタレスからの日帰りでかなりスポット的な観光にとどまったが、テントやらのキャンプ用品をもってぜひ再訪したいと思えるチリ・パタゴニアでした。

チリに行ってきました①

少し前の話しになりますが、南米のチリに行って参りました!

チリといえば。。。何を思い出しますか??

エビチリとかは反則ですが、南北に細長く日本の約2倍の国土のチリには南にパタゴニア、北にアタカマ、全土でワインが美味しいという数えだしたらキリがないほどの魅力をもつ国なんです。

今回は2週間という滞在ということもあり、写真もたくさん撮ってきましたので、おいおい紹介していきたいと思いますが・・・

チリ編の第一弾は何はさておきグルメにフォーカスしたいと思います。

私にとって南米の食事とはブラジルやアルゼンチンに代表される肉料理のイメージが強かったのですが、チリはちょっと違います。

それはなんと言っても太平洋岸に南北に4300kmという細長い地理(シャレではありません)的な事情でシーフードが最高に美味しいんです。

しかも激安で。

首都サンチャゴの中央市場はまさにサンチャゴっ子の台所とよぶに相応しい風情でいつも活気があります。

サンチャゴ中央市場

ここで並んでいる新鮮な海産物を調理してくれるお店があり、ウニやらカニやらに舌鼓をうちます。

もちろんお供はチリワインです

 

カニの身がはいったグラタンです。ジュルリ

お魚をかたどったパンもかわいかったなぁ

北部にペルーとの国境を有するチリではインカ道が通っていることに理由があるかは不明ですが、ペルーと名物を共にしているものがあります。

そんなひとつがピスコサワー、毎食時に食卓に振る舞われておりました。

また今回の旅行ではホテルのシェフによる料理を何度となくいただいたのですが、味はもちろん、飾り付けのセンスにびっくり!

女子の別腹に欠かせないスイーツも甘さ控えめの上品な味でしたよ

番外としてはこれ!なんだと思います?

答えは次号にて。。。

ご自宅でも手軽に作れる?超簡単ピスコサワーのレシピを記しておきますね

①まずはピスコ3に対して レモン 1,ガムシロップ少々,卵白少々を用意します。

ピスコはちょっと大きめの輸入酒を扱う店でたまに見かけます。

②材料を混ぜ合わせて,氷を入れます

③氷がなくなるまでミキサーにかけます。

④できあがりです!

続編もおたのしみに!!!

パタゴニアへ行ってきました!

9月13日(月) 晴れ

ブエノスアイレスから飛行機で3時間30分

カラファテで待っていたのは公認ガイドのカルロスさんというアルゼンチン人の若者でした

2000年に開港したカラファテ空港から市内へは約21キロ

カラファテ空港が出来るまでは東に300キロ離れたリオガジェーゴスから悪路を通ってのカラファテまでの移動が必要だったことを考えるとパタゴニアは10年前よりもだいぶ身近になったといえる

 

 

カラファテの町は住民のほとんどが観光産業に従事している小さな町、その趣は軽井沢や清里に通じるものがある

今回、私たちが2晩お世話になったのはコステンアイケというロッジを思わせるホテル

特に女性のお客様から黄色い歓声があがる

ほどなくチェックインをすませ、町の散策にでかけることにした

町はとても小さく、町はずれのホテルからでも10分も歩くと中心部に出ることができる

防寒着やトレッキングシューズを扱うアウトドアショップ、おみやげ物、そしてレストランを冷やかしているうちにいつの間にか暗くなってきた

街を歩いていると、そこかしこに

パタゴニア名物の羊のヒラキです。豪快ですね

余談だが、米国をはじめ海外では日本のひらがなやカタカナがクールであると思っている人が多いがアルゼンチンも例外ではないようだ


※文字の形が微妙に違うのはご愛嬌

一旦ホテルに戻り夕食とするが先ほど見つけたホテルの向かいにある小さなレストラン、ここで夕食をとることにきめた

店内には私の他に2組の客、3~4人の若者が店をきりもりしている

20歳前後の笑顔が眩しい若者店員に薦められ、パリジャーダを注文することにした

パリジャーダとは簡単に言えば『肉の盛り合わせ』のこと、カラファテは羊肉が名物ということもあり、牛・豚・羊・豚の血で作ったソーセージが鉄板に乗ってテーブルにきた

実はパリジャーダは2人前からということになっており、食べ切れなければテイクアウトにしてもらうつもりで注文したのだが、2人前を一人でペロリと平らげてしまった

9月14日(火) 晴れ

カラファテの朝はキリリと寒いが、想像していたよりは穏やかに感じた

そして、滞在を通じて感じたことに町を闊歩している人懐こい大型犬、最初はおとなしい野良犬と思っていたが、毛並みや濡れた鼻、体格から察するに飼われている犬なのかもしれない

特に餌をねだるでもなし、吼えるでもなしで町のマスコットのような存在といえる

一行を乗せたバスは9時にホテルを出発、約80キロ西のペリトモレノ氷河見物に向かう

ペリトモレノ氷河はロスグラシアレス国立公園内に位置する川の下り方向にすすむ前進型の氷河

右手のアルゼンチーナ湖の向こうに見えるアンデスの山々や動物たちを見ながら1時間30分ほどで遠くにモレノ氷河を高い位置から見る事ができる展望台にて初のご対面となった

ファンタジーの世界から抜け出てきたような色彩の氷河が遠くに見えて一行から歓声があがる

15分ほどの写真撮影タイムを経てバスはさらにモレノ氷河に近づくべくロスグラシアレス国立公園へといよいよ入場となった

シモの話で恐縮だが、寒さのせいか一行のトイレが近い

妙に便器の位置が高い公衆トイレで用事を済ませると氷河観光の遊覧船の乗り場はすぐそこ

船での観光がスタートとなるが、あっという間にペリトモレノ氷河と再会することができ冷たい強風の中ではあったが、終始デッキにて氷河の雄姿に釘付けになっていた


崩落も数度あり、感動を共有する他の団体とも自然にうちとけ、写真を撮ったり撮られたりしてあっという間に時間は経過し桟橋にもどる

船から見たのは南の川上側にあたり、今度はバスで北側に出て全長30キロにわたる氷河の川下側にでた

ペリトモレノ氷河は川上から川下に向けて押し出される格好になるので川下の方が崩落を見ることができる

川下側からの観光は2007年に整備された遊歩道からの観光となるが、まずはフードコートのようなレストランでお腹を満たすことにする

満腹になった頃にはいつの間にか雪が降ってきた。。強くはないが湿気を含んだベチャ雪である

それでもここまで来て屋内にいては勿体無いとお客様をお誘いし、遊歩道をすすんでいくと、どんどん氷河が近づいてくる

パタゴニアのメインシーズンは夏場にあたる12月~5月位の夏、この頃は崩落も頻繁に起こるのだが、今回はオフシーズンとなりメインシーズンと比べると頻度は落ちるが、


崩落はズズズズドシーンという音とともに起こる一瞬の出来事である
ちょっとよそ見をしたりで何度となく見逃しているうちに集合時間が迫り、焦ってくるが、最後の最後にすごい崩落を見ることができ、上機嫌でカラファテへと戻った
また是非訪れたい

コステンアイケのお嬢さん


SOPA PARAGUAYA(ソパ パラグアイア)

日本でも作れる南米の料理を紹介したいと思います。

今回はパラグアイの家庭料理SOPA PARAGUAYAをご紹介

【材料】
たまねぎ・・・・・・・・・・・・・小4個
トウモロコシの粉・・・・・・・・・500グラム
卵・・・・・・・・・・・・・・・・3個
チーズ・・・・・・・・・・・・・・250グラム
塩・・・・・・・・・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・・・・・・・・・少々
ふくらし粉・・・・・・・・・・・・大さじ2
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・1リットル

【つくりかた】

①耐熱の器(バットなど)の内側にバターを塗ります

②卵は黄身と白身にわけ、白身を泡立たせます

③チーズを細かく切ります

④たまねぎをみじん切りにし、鍋で飴色になるまで炒め、塩とコショウを入れ一度火をとめます

⑤その鍋にトウモロコシの粉、黄身とチーズを入れ、ふくらし粉は全量、牛乳は何回かにわけて入れ、再度火をつけ、ヘラなどで混ぜ、さらに塩、コショウを入れます

⑥泡立てた白身(②)を鍋に入れて火を止め、ゆっくりかき混ぜます

⑦バット(①)に移し、オーブンで(230度)1時間ぐらい焼きます

ナイフを通して、何もつかなかったら出来上がり

やけどに注意!

WordPress Themes