サッカー場

一般の住宅地や空き地にできた小さな公園を歩いていると、小さな子どもたちが、裸足でサッカー(FUTEBOL)のボールを蹴っている姿をよく見かける。
ブラジル人はそれぞれ応援しているサッカーチームがある。
夫婦、親子だからといって必ずしも同じチームを応援しているとは限らない。
以前に父親がアトレチコ、息子がクルゼイロを応援している家に招待され、昼食の後サッカーを見にいった。
私がいるということもあり、1台の車で一緒にサッカー場に行く。
サッカー場に着くと、それぞれのチームの応援席が完全に分かれているので、当然親子が別れて観戦ということになる。
興奮した観客がなだれ込まないように観客席とグラウンドの間には堀が設けられている。
ゴールしそうになったときの応援のすごさたるや、相手チームへの罵声、日本では公の場で口にできないような言葉の応酬である。
応援はまさに相手チームとのけなしあいなのである。
サルバドールだったか、かって応援席が落ちたことがあったが、応援チームがゴールすれば観衆が総立ちになり、大声をあげる。
そんなときは、本当に床が抜けても仕方ないと思われ、不安になる。
-----------------------------------
株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋

桑嶋さんプロフィール

1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

砂絵アート

有名なブラジル土産の1つに、透明なガラス瓶の中に色のついた砂を少しずつ落とし込み、絵を描いていく砂絵(ARTESANATO DE AREIACOLORIDA)がある。

色の違った砂を組み合わせて、1個1個違った立体的で繊細なブラジルの風景などが描かれていく。

瓶のサイズは小さいものから大きいものまであるが、サイズに関係なく、どれもが芸術品である。
細かく粒のそろった砂のあるリオデジャネイロや北東部沿岸地帯のビーチ(PRAIA)沿いの都市でよく売られている。
現地では制作を実演して見せてくれるところもあるようだ。
この砂絵の瓶は、サンパウロの東洋人街、LIBERDADEの土産物屋さんでも手に入る。
小さいものは2~3レアイス、大きい物でも数010ヘアイスと、その安さに驚く。
職場の仲間や親しい友人などへの形の残る土産物として、作り方を説明して渡せば喜ばれるのではないだろうか。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

便利なタクシー

ブラジルが初めての旅行社にとって、”近くのレストランに行きたいが、歩くのにはちょっと遠い”といったような場合、いきなりバス
に乗るのは困難である。
そういったときは、そう高くはないのでタクシー(TAXI)を利用したい。
その場合、行き先をきちんと伝えることが重要である。
行き先名・住所・電話番号を書いたメモを持っていれば安心である。
タクシーの運賃は日本と同じくメーターで表示され、騙されることはない。
ただ夜遅くなったらメータを下ろさない場合がある。
“メーターを下ろしてくれ (POR FAVOR OPEREUM TAXIMETRO”
と言っても短距離だと一律で”○○ヘアイス(REAIS)”といった返事が返ってくる場合が多い。
若干高くつくかもしれないが、深夜料金だと思えば大したことではない。
ただ、どのような場合でも最初に”メーターを動かすように”とだけは言っておいたほうがよい。
ブラジルの街中は一方通行の道が多いので、目的地が目の前に見えていても、結構遠回りすることもある。
わざと遠回りして料金を稼ごうとするような運転手に、私は出会ったことがない。
タクシーは良心的で安全な乗り物だと言いたいところなのだが、
肝心の運転が乱暴なので要注意!必ずシートベルトをしよう。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

最高の褒め言葉

同じアメリカ大陸でも、何か言うとすぐに”セクハラ”と非難される北アメリカと違って、ブラジルでは逆に、女性に向かって何も言わないことが失礼になる。
”今日はすごくエレガントだ””とても素敵な洋服だ”などと言うと、素直に”ありがとう”と言って喜んでくれる。
ブラジルには、女性を褒める言葉(形容詞)がたくさんある。
ボニータ(BONITA)、リンダ(LINDA)、シンパチカ(SIMPATICA)などは、その代表的なものである。
しかし、ぜひ覚えていただきたい最高のほめ言葉が、ガッチィーニャ(GATINHA)である。
”子猫のような可愛娘ちゃん”という意味であろう。
私はこの言葉を使って、早速レストランの若いウェイトレスに”ガッチィーニャ”と呼びかけてみた。
すると効果は抜群であった。にこやかな笑顔で、サービスが変わってくる。
ただし、明らかに年配の人に向かっては言わないことである。イヤミになってしまう。
また、同じ褒め言葉でも強調した言い方としてLINDA LINDAのように形容詞を2回繰り返す、
LINDA DE MORRER(死ぬほどきれい)のように強調する言葉を使う、
あるいはLINDISSIMA(リンジッシマ)といった絶対最上級を使う方法がある。
中でも上品な言い方は、絶対最上級を用いるもののようである。
これらの言葉が自然に使えれば、ブラジル人に一歩近づいたと言える。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

ブラジルは安全?危険?

リオデジャネイロやサンパウロなど、大都会での盗難や傷害の発生率を見ると確かに高いし、日本人がこれらに遭遇した事例もたくさんある。
では、ブラジルでは、誰もが危険にさらされているのであろうか?
その答えはディペンジ(DEPENDE)、”場合による”と思われる。
実査に起きた被害例を聞いてみると、さもありなんと思われる場合が多い。
例えば、高級ブランド品を目立つように身につけ、いかにも観光客風だったり(高価なピアスをしていると、そこから下
の耳を引きちぎられることも…..)、
ネクタイ・背広にアタッシュケース、その中にはパソコンといった、高給エリートサラリーマンのようないでたちをしていたり、
人前で大金の入った財布を出して高額紙幣で買い物の支払いをしたり…….といった具合に、
本人は気づかずに”どうぞ私を狙ってください”というサインを発している場合が多い。
被害に遭わないためには、まず服装から気をつけるべきである。
履物はサンダルか輸入ブランド品でない使い古した普通の運動靴、荷物はできるだけ持たず、手ぶらが一番である。
腕時計もしないほうがよい。カメラなど、どうしても持ち歩く必要があるなら、できるだけ外から見えないようにすべきである。
マーケットでもらえるような不透明のビニール袋に入れ、目立たなくするのが一番よい。
それでも危険だと感じたら、一番近くの店に飛び込む。
そして暗くなってから、人通りの少ない場所や路地を一人歩きするのを控えるこである。
町を歩いていると、見知らぬ人から声をかけられることがある。
実際には問題ないことも多いが、用心するに越したことはない。
”今何時?”と時計を見にきたら、品定めされているかもしれないと用心し、道を聞かれたら、隙がありそうかどうか試されていると考え
て、気を引き締めよう。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

ブラジルは人種の坩堝

現在はごくわずかとなった原住民であるインジィオ(ブラジルが発見されたときはインドだと思われていたらしく、このように呼ばれることになった)に加え、
ヨーロッパ・アフリカ・アジア民族が混在し、肌の色で言えば、黒人・白人・黄色人・混血のモレナ(MORENA)と呼ばれる人々など、
まさにブラジルは人種の坩堝である。
奴隷制度の時代はいざ知らず、ありがたいことに現在は人種差別は少ない。
日本人である私も、誰とでも対等に話しをすることができるし、家族付き合いをしてくれる友人もたくさんできた。
先人移民の皆さんのご苦労のお陰で、日本人といえば勤勉で信頼のおける尊敬すべき人たちだと思われ、歓迎される。
私がこの信頼に値するかどうかは疑問であるが、日本人であることを素直に喜びたい。
“あなたは日本以外でどこの国が一番好きか”と尋ねられたら、私は即座に”ブラジル”と答える。
その理由は、豊富な種類の食べ物があること、何よりもまして、ブラジル人特有の明るさで我々を歓迎してくれることにある。
これでポルトガル語がもう少ししゃべれればどんなに楽しいことだろうと勉強を始めたが、
こちらのほうはまだまだ、前途多難である。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

モテる女性は何タイプ?

ブラジルの街の中を歩いていると、西瓜のように真ん丸いお尻をした女の人(MULHER MELANCIA)を結構見かける。
ブラジル人男性には、胸が出てお腹がくびれ、お尻がボールのようにふくよかな丸みをおびて大きい、ちょうどバイオリンのような体型の女性に人気があるのだ。
ブラジルでは夏・冬関係なく、短いシャツで、へそを出して歩いている女性の姿が目立つ。
日本人の感覚だと、お腹を冷やして大丈夫なのかと心配になる。
一方、スカートをはいている人は少なく、ほとんどがズボンである。
それも、体にピッタリしたジーンズが多い。
他人事ながら、あんなにピッタリしていては着用するのが大変だろうと思うが、美しい体の線を見せるためであればなんのその、ということらしい。
お尻が大きく足の長いブラジルの女性に、おそらく日本のジーンズは合わないだろう。
そういえば日本に来て京都を旅行したブラジル人に、どこが気に入ったかとこっそり尋ねると、”京都の階段”と答える男性が多かった。
訳を聞けば納得、”長い階段の下からミニスカート姿の女性を眺められるから”ということらしい。
ブラジル人男性に言わせれば、日本人女性は見せ方がうまいそうだ。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

とてつもなく甘いコーヒー

ブラジルはコーヒー(CAFE)の産地として有名であるが、日本人好みのおいしいコーヒーを現地で飲もうと期待はしないほうがよい。
千葉でとれた新鮮な魚が東京に行ってしまうのと同じことで、高級なものは輸出してしまうからである。
砂糖たっぷりのエスプレッソ、これを小さいモカカップで飲むのがブラジルコーヒーである。
豆を強く煎り、細かく挽いて色濃く抽出したコーヒーに、飽和溶解度をはるかに超えるほどの砂糖を入れて食後に飲むのが普通であり、レギュラーサイズのカップでは大きすぎる。
最近はブラジル人も健康を考えてか、コーヒーと砂糖が別に出される、あるいは砂糖入り(CAFE DOCE)と砂糖なしのビター(AM
ARGO)に分けてポットを置いている店も増えてきた。
砂糖が別の場合は従来の白砂糖とダイエット用甘味料の両方が出てくる場合が多い。
暑い国ではあるが、コーヒーと言えばホットが普通である。
特別な専門店を除けば豆の種類も普通1種類だけで、ミルクの有無と、カプチーノにするくらいしか選択肢はない。
まして日本のようなアイスコーヒーを出してくれる店はほとんどない。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

食事のときの席の取り方

夫婦や恋人同士で食事に行ったとき、日本人は向かい合って座るのが普通である。
では、ブラジル人の食事のときの座り方はどうだろうか?
ブラジル人の場合、どうも答えは1つではないようである。
よく見かけるのが、横に並んで座っている場合である。
なぜこのような座り方をするのかと理由を尋ねると、
”そばにいて手を握り合ったりキスができるよう、常に体に触れ合える位置にいたいから”
”お互いに顔を見なくてすむから”という両極端な答えが返ってきた。
日本のようにお互い向き合って座る場合も多い。
同様に理由を尋ねると、
”お互いに見詰め合っていたい”というものと、
”横にいて体を触れ合うのがいやだ”という答えであった。
またテーブルのコーナーに直角に座っている場合もよく見かける。
この位置だとどちらともの、よい部分も悪い部分も適応される臨機応変な座り方のような気がする。
結論は、相手次第で座り方が変わるということかもしれない。
-----    株式会社文芸社発行・桑嶋周次さん著【VIVA O BRASIL アミーゴからの贈り物】より抜粋
桑嶋さんプロフィール
1950年香川県生まれ。 新日本製鐵株式会社で海外技術協力業務に従事。 渡航した国は約30か国に及ぶ。 特にブラジルには26回超と、ブラジル通を自負する。 2010年に同社を退職し、趣味のテニス、園芸、茶の湯(表千家)、英語・ポルトガル語学習や、 ボランティア活動に忙しい毎日を送る。 君津市国際交流協会役員、太陽の友達の会会員、大江戸骨董市ガイドなどを務める。

リオでブラジル音楽を楽しむ

リオデジャネイロはなんと言ってもブラジル音楽のメッカだ。

サンバ、ボサノバ、ショーロなど色々あるが、リオデジャネイロに来てこれらの音楽を聞かない手はない。

幸いあちこちにライブハウスがあり、いつでも気軽にに楽しむ事ができる。

特にラパ地区にはライブハウスがたくさんあり、料金も安い。

中には音楽チャージを取らないところもあるが、そんなところはミュージシャンの質に問題ありなので、けちらない方がいい。

飲み物、つまみ共に6~18レアルくらい軽く飲み食いしながら待っていると、いよいよ演奏が始まる。

気分が乗ってくるとあちこちで踊りはじめる人が出てくる。そうなればしめたもの、彼らに紛れて踊ってしまおう。

ブラジルでは”同じ阿呆なら踊らにゃ損”。

少し高級な雰囲気を楽しみたい方は、イパネマにあるBAR de VINICIUSに行くといい。

入場料は高め(それでも日本では考えられないくらい安いけど)だが、

落ち着いたバーといった雰囲気でカウンターの他にテーブル席がかなりある。

少し名前の知れたミュージシャンが出る日は満員となる。

前座のミュージシャンの演奏を楽しみながら飲んでいるうち当日のメインのミュージシャンの登場となる。

その時は前座のミュージシャンの時と違い、拍手喝さいとなり、お客様もステージの方へ向き直る。

演奏が始まると、やはり前座とは違う。迫力・表現力が違う。

いい酔い加減ですばらしい音楽を夢見心地に聞いているとお酒もさらに進み、終わる頃には酔いもかなり回ってくる。

そんな時は、ホテルへ帰るまでご注意を。

・・・外国人が酔ってふらふらと歩けるほど、リオの治安は良くはない。

店のボーイにチップを上げて、店のなじみのタクシーを呼んでもらってホテルへ帰ると良い。

なぜなら、店のなじみのタクシーは、以後声をかけてもらえなくなるのを避けるため

その店から乗る客には悪さはしないから。

WordPress Themes